料理

カレーの賞味期限と保存方法!常温、冷蔵庫、冷凍のどれが美味しい?

カレーって美味しくてみんな大好きなので多めに作って2日間食べることがありますよね。子どもたちにも人気のメニューですが、せっかく多く作ったのにすぐに悪くなってしまったなんてことがあると思います。

カレーは常温ではなく、なるべく早く冷やして冷蔵庫か冷凍庫で保存することで美味しさを保つことができます。

今回は、手作りカレーの賞味期限と保存方法についてご紹介していきたいと思います。

カレーの常温での賞味期限と保存方法

カレーの常温での賞味期限はどのくらい?

カレーは季節によって賞味期限が違います。暑い季節なら半日ほど、寒い季節なら1日ほどです。

カレーはウェルシュ菌という菌が増殖しやすく、食中毒になりやすい料理です。思っている以上に悪くなるのが早いので、保存するときには注意が必要です。

カレーは次の日がおいしいなんてよく言いますが、常温保存だと悪くなってしまう可能性があるので保存方法に気をつけましょう。

カレーの常温での保存方法

作って食べた後、そのままコンロに鍋を置いておくことがあると思います。しかし、出しっぱなしにしておくと食中毒になりやすくなってしまいます。

そのため、常温での保存は極力しないようにしましょう。

また、常温で保存した場合には、しっかりとかき混ぜながら温めなおして食べるようにしましょう。

温めただけではウェルシュ菌は死滅することがないため、しっかりとかき混ぜることが大切です。

カレーの冷蔵庫での日持ちと保存方法

カレーの冷蔵庫での賞味期限はどのくらい?

冷蔵庫で保存するときの賞味期限は2~3日ほどです。

3日以上は、ウェルシュ菌が増えて悪くなっている可能性があるため、3日以上保存したい場合には冷凍庫で保存するようにしましょう。

カレーの冷蔵庫での保存方法

冷蔵庫に入れるときには、なるべく早く冷やして冷蔵庫に入れることが大切です。

食べ終わったら、鍋を冷水などでなるべく早く冷やします。そして、温度が下がったら、冷蔵庫に入れて保存するようにしましょう。

また、冷蔵庫に入れるときにも、鍋のままよりもタッパーなどに入れた方が温めやすいのでおすすめです。

私も、2日分など多めに作ることが多いのですが、悪くなりやすいのを知ってからはなるべく早く冷蔵庫に入れるようにしています。

カレーの冷凍での賞味期限と保存方法

カレーの冷凍での賞味期限はどのくらい?

冷凍した場合の賞味期限は1か月ほどです。

食べきれなくて余っちゃったけれど、このままでは悪くなってしまいそうだと思うときには冷凍して長く保存できるのは助かりますよね。

忙しくてご飯を作れなかったときなどに活躍してくれること間違いなしです。

カレーの冷凍保存の方法

冷凍保存するときに、注意したいのが人参やじゃが芋です。冷凍すると人参やじゃが芋がパサパサになってしまいます。そのため、冷凍する前に潰して混ぜるか、取ってしまうようにしましょう。

ジップロックやタッパーに入れて保存します。ジップロックなど袋で保存する場合にはしっかりと空気を抜くようにしてください。

冷凍するときもなるべく早く冷ますことが大切です。早く冷凍するために小分けにして冷凍庫に入れるようにしましょう。小分けにした方が食べるときにも便利です。

ジップロックの場合には、なるべく平らにすることでさらに早く冷やすことができます。

カレーの解凍方法

冷凍したカレーを電子レンジで解凍すると水分がとんでしまうので、なるべく冷蔵庫で自然解凍してから温めるようにしましょう。

温めるときには、全体をしっかりかき混ぜながら温めることが大切です。

カレーは腐ると見た目はどうなる?賞味期限切れも食べられる?

  • カビが生える
  • 糸を引く
  • 異臭がする
  • 変色する

カレーは腐ってしまうと、目で見てわかる変化が多いのが特徴です。

カレーに生えるカビは見てわかりやすいカビの他に白っぽい膜のようなものが出ることもあります。また、カレーはとろみがあるので、糸を引いているのが分かりづらいかもしれません。しっかりと観察するようにしましょう。

おかしいなと思ったら食べないようにしてください。

カレーを腐らせないためには

しっかりと加熱することが大切です。ウェルシュ菌は熱にも耐えられるため、次の日に食べるときなどは、75℃以上の温度で1分以上温めるようにしましょう。

また、菌は酸素が少ない方が増殖しやすいため、鍋で温めるときにはしっかりとかき混ぜることで酸素を含むことができます。何もせずに温めるのではなく、なべ底の方からしっかりとかき混ぜるようにしましょう。

常温での保存だと菌が増殖しやすいため、なるべく早く冷やして冷蔵庫や冷凍庫に入れて保存するようにしましょう。

カレーの保存方法と保存期間まとめ

調べてみるとカレーの賞味期限は思った以上に短いのが分かります。

カレーは、常温だと悪くなりやすいため、冷蔵庫か冷凍庫で保存することが大切です。冷蔵なら2~3日、冷凍なら1か月ほどの賞味期限です。

なるべく早く冷やすことで、悪くなるのを防ぐことができます。

カレーは作るのが簡単で子どもが喜ぶメニューです。きちんと正しい保存方法を覚えて美味しく食べましょう。