料理

グラタンの賞味期限はいつまで?焼く前の保存方法のおすすめは?

寒さがしみる季節、フーフーしながら熱~いグラタンを食べたい!子供から大人まで大好きな食べ物、グラタンですが「作りすぎてしまった!保存したいけどどれくらい日持ちするの?」と疑問に思われたことはありませんか?

グラタンを直近で食べる予定であれば作った直後に冷蔵庫で、できるだけ長く日持ちさせたい場合には冷凍庫で保存することがポイントです!

そこで今回は、保存方法や解凍方法、美味しく頂くためのコツなど詳しくご紹介していきます。

グラタンの常温での賞味期限と保存方法

グラタンの常温での賞味期限はどのくらい?

焼く前のグラタンをお皿にうつした状態では、常温で保存することはできません!グラタンは数時間で傷んでしまう料理なので、冷蔵庫で保存するのが無難でしょう。

冬場でも食中毒の危険がありますし、グラタンの中にいれている食材によってはさらに傷みやすくなる可能性があります。

グラタンの常温での保存方法

数時間で食べるという場合、グラタンを調理した状態のお鍋やフライパンに蓋をした状態であれば、2時間ほどは常温保存することができます。

2時間以上たってからグラタンを焼く場合であれば、前述のとおり常温で保存はできなくなるので、粗熱をとった後冷蔵保存するようにしましょう。

グラタンの冷蔵庫での日持ちと保存方法

グラタンの冷蔵庫での賞味期限はどのくらい?

冷蔵庫で保存した場合の賞味期限の目安は1~2日程度

焼く前の状態のグラタンを保存するには冷蔵庫での保存が基本ですが、空気に触れると傷みが進行しますので、密封できる容器に入れてくださいね。

しかし、賞味期限は一概にはいえません、というのもグラタンに使っている食材によって腐敗のスピードは変わってくるためです。

中でもマカロニやじゃがいもを使っている場合。マカロニはホワイトソースの水分を吸い、時間がたつにつれ、味や食感が落ちてしまいます。じゃがいもも冷凍すると食感が落ち、スカスカになってしまうのです。

ホワイトソースと一緒に保存すると本来のおいしさが落ちるので、これらの食材は別々に保存するのがおすすめですよ。

グラタンの冷蔵庫での保存方法

ホワイトソースは具はそのまま入れた状態で空気に触れないよう密封容器に入れて保存します。

マカロニを別にする場合はマカロニをラップでしっかり包む、もしくはこちらもタッパーに入れるなど密封した状態で冷蔵庫へ入れてください。

すでにホワイトソースとマカロニを一緒に混ぜてしまっている場合は短時間で食べる場合であっても、冷凍保存をおすすめします!

グラタンの冷凍での賞味期限と保存方法

グラタンの冷凍での賞味期限はどのくらい?

冷凍保存の場合、2週間~4週間日持ちすることができます。

冷凍する際に気を付けていただきたいのは、冷凍焼け。冷凍焼けしてしまうと美味しくないので、約1か月ほど持つとはいえできるだけ早めに食べることをおすすめします。

グラタンの冷凍保存の方法

オーブンで焼くことができる器にグラタンを入れできるだけ平らに薄くしてからラップをし、空気に触れないようにします。さらに上からジッパー付きの保存袋に入れ空気を抜いてから冷凍庫に入れます。ホワイトソースは外からの匂いを吸着しやすいため、しっかり密封しましょう。

数日以内に食べきる場合でも、ホワイトソースとマカロニがすでに一緒に混ざっている場合は、同じようにして冷凍庫で保存します。

さらに風味の劣化などを防ぐためには、金属製のトレイの上に置いて冷凍するのが良いですよ!こうすることで急速冷凍したような状態になり、より美味しく頂くことができるのです。

グラタンの解凍方法

食べるときは解凍せずに凍ったまま焼くことがポイントです。なので冷凍する際は耐熱容器で保存することが重要ですね

冷凍保存するとホワイトソースが本来より水っぽくなってしまうことありますが、茹でる前のマカロニを入れることで水分を吸い解消します!また私がよくやる方法としては小麦粉とバターを加えます。そうするととろみがでて水っぽさがなくなり、味も落ちないのでぜひ覚えておいてください。

じゃがいもを入れたい場合は、一緒に冷凍せず後でいれることでこちらも食感を楽しむことができますよ。

オーブンで焼く直前にチーズやパン粉などを乗せて焼き上げると、こんがりとしてとっても美味しく出来上がります。

グラタンは腐ると見た目はどうなる?賞味期限切れも食べられる?

グラタンは傷みやすい料理なので以下のような場合は注意が必要です。

  • 異臭がする
  • 変色している(冷凍焼けも含む)
  • カビが生えている
  • 酸っぱい味がする
  • 常温で長時間置いていた

特に常温保存してしまった場合は見た目には変わりがなく、食べられそう!と思いがちですが食中毒の原因です。たとえ加熱したとしても菌は死滅しません

冷蔵庫でも数日しか保存することができないので、焼く前は状態をしっかり確認し少しでも変だと感じれば廃棄するようにしましょうね。

グラタンの保存方法と保存期間まとめ

グラタンは美味しくて子供も大人も大好きな食べ物。ですが傷みやすいので常温保存はNGです。

冷蔵するか日持ちさせたい場合は冷凍するようにしましょう。冷蔵保存は1~2日、冷凍保存は2~4週間が保存期間の目安。

冷蔵・冷凍の場合も空気に触れないよう密封容器に入れることが重要です。食感が変わりやすいマカロニやじゃがいもは別に入れて保存するか、一緒に混ぜてしまっている場合は冷凍保存を選択しましょう。

冷凍保存した場合、解凍せずそのまま温めることで美味しく頂くことができます。

チーズやパセリなどをトースターで焼く前に乗せてこんがり焼きあげると風味も豊か。思わず食欲もそそられてしまいますね。

正しく保存・調理して美味しいグラタンで身も心も温まりましょう♪